音楽専門学校のメリットとデメリットについて

音楽を専門的に仕事をするのはすごく狭き門というイメージがありますが、その第一歩として挙げられるのが音楽専門学校に通うことです。

音楽を学ぶには音大に通うという方法もありますが、音楽専門学校は音大に比べて授業料が安く卒業すると専門士の肩書きができるという特徴があります。また音大よりもポップス系を得意としているためポップスを学びたい、ポップスの仕事に興味がある人には良い環境だということができます。また他の音楽学校と特に異なる点は、コンピュータを操作するコンピュータミュージックの授業があることです。

将来コンピュータミュージックに携わりたいと考えている方には向いています。さらに講師軍もその道で生計を立てている人がほとんどなので進路に関するアドバイスもかなりシビアな意見を聞くことができます。しかし音楽専門学校に通うことで音大に通うよりもデメリットなところがあり、まず一つ目に挙げられるのが学歴が武器にほとんどならないことです。実力社会なのでセンスや才能、力量が求められやすい仕事場になります。

こうした実力社会に限界を感じて音楽専門学校1年生の夏休みが明けると生徒が半分になるという特徴もあります。人気のある専門学校の場合はワンツーマンレッスンがないので、ワンツーマンレッスンを希望する方はしっかりと下調べをすることが求められます。このように音楽専門学校に通う前に自分が本当に学びたいことが学べるか考えることが大切になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *