モデル専門学校で行われているカリキュラムとは

美しいプロポーションと高身長を活かして、流行ファッションに身を包んで数多くのカメラを向けられるファッションモデルに女性なら1度は憧れを持つものでしょう。

昨今では小学生のジュニアモデルや、高校・大学生の読者モデルという方々もおり根強い人気の職種になっています。本格的にデビューを目指すのであれば、専門学校へ進学して基礎知識や実技を学んでから芸能事務所への所属を目指すことになります。

専門学校では1日約5時間ほどの講義を毎日受けて、2年後の卒業を目指します。提供されているカリキュラムは主に、ウォーキング・ファッションの基礎知識・栄養学・表情の作り方などで専門学校によって内容は変わってくるのが特徴ですが、必ず栄養学だけは必須です。これは2014年にフランスの業界で問題になった、痩せすぎているアクターが多くなったことに起因しています。

正しい食生活を送り、健康的な肉体作りを日本の業界でも推進されているので学生時代から知識を持たせるようにしました。講師は現役のモデルが担当するため、今業界で求められている人材育成と必要なスキルを徹底的に学ぶことが可能です。専門学校の場合、学園祭が年に1回催されます。この時、在校生たちによるファッションショーを開催されているところが多くあり、デビュー前に実際にモデルになってランウェイを歩いてスポットライトを浴びる体験も出来ます。基礎的な知識をしっかりと身につけてこそ、業界で長く活躍できるので、専門学校で学ぶ時間はとても大切といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *